2004年 12月 12日
家に帰ったらガチャピンが寝ていた。
家に帰ったらガチャピンが寝ていた。

あまりに唐突な展開なので一瞬戸惑ったが、とりあえず客人なのだからもてなそうとお茶とお菓子を持って来て起こしてみた。ガチャピンは眠たそうではあったが、僕に気づいたのか、襟を正し、きちんと正座して丁重に僕の歓待を受けた。お互い初対面なので何を話していいか迷ったが、お互い巨人ファンと言うことで意気投合し、清原の去就問題などで盛り上がった。

話の途中、ガチャピンはお手洗いに向かった。その間、あれこれと現状に対する思索を巡らせていたが、ふと、ガチャピンがちゃんと便器に向かって綺麗に用を足せているかどうか不安になったので僕もトイレに向かった。トイレまで行ってみると、ドアの前でガチャピンは抜け殻のようになっていた。僕は何も見なかったことにして、とりあえず綺麗に用は足せているだろうという漠然とした安堵だけを覚え席に戻った。ガチャピンは用を済ませたのだろう、涼しい顔をして部屋に戻ってきた。いや下痢気味でね、とガチャピンは言ったが、僕は話題をそらした。

かれこれ二時間は話しただろうか、一通りの話題も終え、ガチャピンは僕を外に連れ出した。お気に入りの場所があると言い、ガチャピンは車に僕を乗せ走り出した。着いた場所は寂れた公園だった。無邪気に遊ぶ子供や日向ぼっこを楽しむ老人達で埋め尽くされていた。

やはりガチャピンは人気者だ。子供達が自然と群がってくる。しかし、ガチャピンは彼らを気に留める素振りもない。いつもは営業スマイルなのだろうか。煙草の煙をくゆらせながら、ただ無言でベンチに座った。本当は子供嫌いなんですよ。そんな衝撃的な発言をも淡々とした口調で語るガチャピンの目はどこか悲しげだった。僕は静かにガチャピンの煙草に火をつけた。その日の空は突き抜けるように青く爽やかで、それがかえって僕らの心を責め立てた。初冬の風は思ったよりも冷たかった。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-12 05:54
2004年 12月 10日
実写アンパンマン
アンパンマンと女子高生

実写のアンパンマンが登場。シュールすぎて何も言えねえや。

実際にアンパンマンがいたらこんな感じなんだろな。
そして、新しい顔に入れ替わる度、古い顔は道端に転がる。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-10 01:38
2004年 12月 10日
ペットボトル「東京水」を販売します!
ペットボトル「東京水」を販売します!

東京水。響き的にあまり好印象を抱かないのだが結構な味わいらしい。
販売場所が東京都庁内と言う訳で、きっとサーヤの伴侶も召し上がっているに違いない。

にしてもバックの滝が素敵。でも東京水。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-10 00:56
2004年 12月 08日
ゲーム機市場の動向
先日、任天堂よりニンテンドーDSが発売された。また、12月12日にはSONYよりPSP(プレーステーションポータブル)が発売される。年末のクリスマス商戦最大の目玉勝負と成り得るであろうこの二つの携帯ゲームプラットフォームの戦い。個人的にとても興味深い勝負である。

任天堂とSONY、この二つの企業の戦いは15年以上にも及ぶ。

ご存知の通り、任天堂は次世代家庭用ゲーム機の舞台において、PS(プレーステーション)を展開するSONYに圧倒的な差をつけられて敗退した。しかしながらこのPS、当初は任天堂との共同研究の下、作られる予定であったことはあまり知られていない。計画が進むにつれて、任天堂が高度な技術を擁するSONYに吸収されることを危惧し、土壇場になって任天堂が裏切ったのだ。

そこで取り残されたSONYは、独自の技術、ノウハウ、販売ルートを構築し、ユーザーからの圧倒的な支持の下、現在までの地位を築き上げてきた。今回の戦いにはそうした二つの企業の因縁、背景がある。

さて、昨今の携帯ゲーム市場。任天堂は、家庭用ゲーム機の土俵では敗れはしたものの、携帯ゲーム機の土俵ではゲームボーイが他を寄せ付けないシェアを誇っており、ゲームギア、NEOGEO POCKET、ポケットステーション、ワンダースワンなどの追随を押し切り、未だその勢いは衰えない。そして今回、その王者はニンテンドーDSという新機軸の携帯ゲームを発表した。そして、その王者の土俵に敢えて再度挑もうとするのがPSPである。

国民性上、日本のゲーム市場においては一つのゲーム機に収まる傾向があるとよく言われる。自己主張の強い欧米は、自分の好きなゲーム機を固持するのだが、周囲との協調性を考える日本の風潮では、世間一般が選ぶゲームを好む。またソフト企業もそのような多くの顧客が見込めるゲーム機に対し投資を行い、自然と一つのものに落ち着く傾向であるということなのだ。

もう後がない任天堂、ゲーム機市場席巻を目論むSONY、この年末が勝負の一つの契機となるのは間違いないだろう。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-08 14:27
2004年 12月 08日
鼻血コアラ
コアラーになろう!

ロッテ「コアラのマーチ」の全絵柄130種類一覧。チョコレート味、イチゴ&ミルク味、スウィートポテト味、それぞれに色んな種類がある。まーよくこんだけ考えたなーと感心。

いろいろと突っ込みどころは満載だけど、イチゴ&ミルク味の左2上5にある鼻血コアラってなんだ。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-08 01:08
2004年 12月 06日
「ハウルの動く城」を見ないで勝手に批評してみる
キムタクが主人公の声優として出演していると聞いたんで、正直微妙じゃねーのと思っていたがその気持ちは変わった。結構いけてんじゃん、キムタク。冒頭「ロート製薬」の絶叫コールがとってもキティガイ染みてて最高だった。ヤホー。

主人公のハウル、最初いきなり茄子を切って味噌炒めにする所はとても親近感沸いた。んで後で気づいたんだが、過去の作品「茄子アンダルシアの夏」とかけたダジャレであることをパンフレットで知った時は狂喜乱舞。

んでヒロインのおばあさん、確かよねさんだっけ。このおばあさん、実はお姫様だけど、ハウルの魔法でおばあさんになっちゃって結局住み込みでこの城で働いているんだね。いや、意味わかんねーよ。

それにしてもまさかこの映画、老人介護がテーマだとは思わなかった。映画の大半、一時間近くを介護レクチャーが占めるとは。延々と淡々とよねさんが切り替えなしで一時間語るシーンにはさすが宮崎と唸ってしまった。

そして話題となったラストの鉄人28号と動く城が戦うシーン。途中よねさんが踏み潰されてしまうシーンには涙が出そうになった。途中から鉄腕アトムが混じっての三つ巴には「横山マンガと手塚マンガの融合だ!」と一人興奮してたけど周りの反応はイマイチだったな。

あれ、ハウルって最初に茄子を炒めただけ?
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-06 21:45
2004年 12月 06日
キティちゃんの骨格
キティちゃんの骨格

こうして見ると可愛いキャラクターも台無し。とってもシュール。
こういうことは思いついてもやったらダメだね。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-06 21:15
2004年 12月 05日
一週間の使者
友達と一緒に「日曜日よりの使者」とは誰のことかについて話し合った。

「日曜日よりの使者」とは、シャララーラ、シャラララーラのホンダ企業CM「Do you have a HONDA?」CMソングとしてもお馴染み、ハイロウズの名曲である。

友達曰く、日曜日と言うものは気分が晴れ晴れするもの。日曜日よりの使者とは、そんな一緒にいたら嬉しくなるような人を指すようだ。これを聞いて妙に納得してしまった。


そして、他の曜日の場合はどうなるのかまで話が及んだ。

月曜日よりの使者は、週始めでちょっと鬱気味、嫌な人。
火曜日よりの使者は、やる気が上向き仕事も乗ってきた、絶好調な人。
水曜日よりの使者は、中だるみでちょっと面倒くさい、ダルイ人。
木曜日よりの使者は、ほら週末まであと少し、頑張る人。
金曜日よりの使者は、仕事終わりに一杯、楽しい人。
土曜日よりの使者は、ゆっくり寝て仕事の疲れを癒す、癒される人。


「あいつ、本当月曜日よりの使者だよなー」とか言われたら注意ですよ。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-05 18:07
2004年 12月 03日
サンタクロースは本当にいるのです
そろそろクリスマスシーズン。
華やかな電飾のツリーや山下の歌が賑わいだす季節ですね。

クリスマスと言えば、そう、サンタ。

小さい時、兄と一緒になってサンタを生け捕りしようと、押入れに隠れていたのは可愛い思い出です。結局寝ちゃったってのも今思い出しても可愛らしい。押入れに隠れていた時に、食料として麦チョコを用意していたってのも可愛らしい。生け捕りにしてプレゼントを独占しようとしたのもまた可愛らしい。

いつしかサンタの存在が自分の父母だったことに気づき、大人になってしまった今となっては素敵な思い出です。



でも、そんなサンタ。

日本に実在するんですよ、旦那。

その名もパラダイス山元。御年42歳。世界公認サンタクロースとしてバリバリの現役サンタクロースなのです。坊や、サンタはいるんだよ。

ラテン音楽の第一人者だったり、NHKの子供向け番組に出演したり、「マン盆栽」という独自の盆栽の家元だったり、とにかく多彩な方なのです。さすがパラダイス。


ただ、写真を見る限り、どう見ても松村邦広なのはご愛嬌。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-03 23:45
2004年 12月 02日
検証「赤い青は何故更新が止まったのか」
何故ブログの更新が止まったのか。ブログ「赤い青」の最大にして最低のテーマである。

自分なりに原因を模索してみたいところだが、恐らく哲学的な意味合いも含まれており、その答えが出ることは未来永劫無いだろう。ただ今日は運良く大橋巨泉さんがこのブログにいらっしゃってるらしいので、往年の名番組風味でその問題について検証してみたい。



ローオトロートローオトローオトせーいやーくー

Q 赤い青が更新しなかった理由は次のうちどれか?

①めんどくさくなった
②私生活が忙しかった
③女が出来た
④他にブログを作っていた
⑤忘れていた



倍率ドン、更に倍。4、6、20、6、8…オッズはこんな感じで。

ガチの鉄板を狙うなら①がオススメだが大どんでん返しが怖い所。着実な所で②もあるぞ。
一発大逆転を狙うなら③と言う手もあるが管理人はビヤさんなのが要注意だ。
④はまた思いもよらないところだが、それはそれで面白いかもしれないな。
⑤に至っては最低としか言いようがないよね。

当たった人の中から抽選で一名の方に、くさや一年分をプレゼント。当たった時の事をよく考えて応募しような。
[PR]
# by bi-ya | 2004-12-02 06:46