2004年 05月 23日
ケメ子の何でも相談室番外編
a0002244_145724.gif
ふうー、久しぶりの更新。
最近スーパーアフターが多すぎなのよね。お肌も荒れちゃうわ。

ちょっとこのままイクと更新もままならないので少しお休みを頂きます。ごめんね。
次回、今まで溜まった質問に一気にお答え致します。

やることはしっかりやってから休む。それがケメ子のポリシー。


前回ガチャピンについてお話したら、色々な質問が来てたみたいね。
ケメ子としては、皆がガチャピンの真実に興味を持ってくれたみたいでとても嬉しいわ。

ただケメ子はガチャピンの専門家じゃないから、正直そこまで詳しくないのよね。
真実をモットーにしてるのに、嘘があっては困るわ。



うーん困ったわね…。























 

と言う訳で本人に来てもらいました。ケメ子のコネを甘く見ないで。
今回は本人に話してもらいましょう。じゃあよろピコ。



(xiaoxiaさん)
メスガチャとオスガチャはどこが違いますか?
ガチャピンの抜け殻を着てみたいのですが、どこで入手できますか? 

(cisco.さん)
メスとオスの交尾はどこがどうなるのでしょうか?

(hexcizoさん)
ガチャピンは両性類? 性同一性障害のガチャピンもいるのか


普段はオスガチャメスガチャ共にその違いを判別するのは難しいのですが、一般にオスガチャは興奮すると体のある一部分が隆起いたします。メスガチャはその逆に沈降いたします。ちんこう。故に、いざ交尾の瞬間に実は両方オスガチャだったといった失敗がたびたびあります。そうなった場合、大抵は分かれるケースが多いのですが、中にはそのまま性同一性障害に走るガチャピンも見受けられます。

交尾に関しては、一般の哺乳類のそれと変わらないのですが、やたらと体位にこだわる傾向が強く「松葉崩し」「駅弁」は当たり前、「蓮の雫」「鳳凰の舞」「風林火山」と言った独自の技をも編み出しています。ワキワキ。

抜け殻は100均でも売っていますよ。



(icedayさん)
ガチャピンは土葬ですか?


質問なのか確認なのか。

仰るとおり、近代に入るまでは土葬が一番メジャーな方法でした。しかしながら1998年、一匹のガチャピンが宇宙に行ったことでガチャピン間で宇宙に対する関心が高まり、未曾有の一大宇宙ブームが巻き起こりました。そこで手順がややこしい土葬よりも、壮大なスケールを感じさせる宇宙葬がよりメジャーなものとなってきました。

今では何百万単位のガチャピンが宇宙をさまよっています。



(sivaxxxxさん)
ガチャピン界では「ヨン様」と「ベッカム様」、どっちが人気あるのでしょうか?


一昔前は、ガチャピン界でも同じく所謂「ベッカムフィーバー」が巻き起こり、当時ベッカムのソフトモヒカンを真似したガチャピンが巷に溢れました。しかしながら、最近では前回ケメ子さんが仰った様に「冬のソナタ」が流行っておりましてヨン様のメガネをかけたガチャピンが巷に溢れています。

しかしながら、ベッカム派とヨン派の対立は凄まじく「どちらの方がカッコいいか」と言うことで、たびたび紛争が起きてしまいます。中でも先月、居酒屋喪悲観で起きた「喪悲観事件」は最大規模の紛争としてガチャピン達の記憶に残りました。 



(moko2. さん)
子ガチャピンは何才で成人となるのですか?平均寿命も気になります。  


一般にガチャピンの寿命は50年とされています。15歳で元服です。そして初陣を迎えます。
ちなみに49年目を迎えると敦盛を舞います。



(poff0516さん)
モーグルやスノボーをやっているガチャピンは、ガチャピン界では異質の存在なんですな。
 

その昔、チャレンジといえば相撲が当たり前でした。保守的な雰囲気と伝統を重んじるガチャピン達の中でそれ以外の競技はチャレンジとは認められませんでした。

しかしながら、ある一匹のガチャピンがその固定概念を打ち破ろうと様々なものにチャレンジ致しました。当初、彼はガチャピン界の中で異端の者として苦難を強いられました。その様子は想像を絶するものであったと聞いております。

幸いなことに、開放的なチャレンジを求めるその彼のスタイルに世論は次第に共感を覚えていくこととなります。彼はヒーローとなりました。そして今日ではご存知の通り、様々なチャレンジが存在するようになりました。



(issei2004さん)
ガチャピンとがっちゃんは関係があるのですか?
 

関係あります。




こんなところでしょうか。今回はお招き頂いてありがとうございます。
今後ともガチャピンに厚いご支援をよろしくお願い致します。ワキワキ。
[PR]
by bi-ya | 2004-05-23 14:58


<< ケメ子の何でも相談室8      驚くべきガチャピンの生態 >>