2004年 02月 23日
バンプオブチキン「K~ある黒猫の数奇な運命~」
バンプオブチキンをご存知だろうか?


「ああ、天体観測のね」 と答えるのが一般人。

「ああ、ワンピースの映画のね」 と答えるのがチビッコ。

「ああ、藤クンのバンドね」 と答えるのが熱狂的女性ファン。

「ああ、フラッシュのね」 と答えるのがFLASH板住人。


貴方はどれに当てはまるだろうか。ちなみに下に行く程コアになる。



バンプオブチキンをご存知でない方の為に、簡単に紹介。

千葉県出身、幼なじみ四人で結成されたロックバンド。藤原基央(ボーカル&ギター)増川弘明(ギター)直井由文(ベース)升秀夫(ドラム)で形成される。 シングル「ランプ」でデビュー。3rdシングル「天体観測」が大ヒット。来る3/31より1stアルバム「FLAME VEIN」から「アルエ」が、シングル化される。

こんなところか。恐らく天体観測で彼らの存在を知った人が多いのではないだろうか。



彼らの魅力を語る上で欠かせないのがその詞の世界。一つの世界を作り上げている。また彼らの曲はしばしば物語となる。ストーリーを持つのだ。その中でも今回は、黒猫と絵描きの熱い絆を描いた名曲「K」について紹介したい。涙腺のゆるい方は注意。

-----------------------------------------------------------

ある街に黒猫がいた。しかし、彼はその姿ゆえに人々から忌み嫌われていた。
彼もそれが性に合っていた。孤独には慣れていた。

そんなある日、一人の貧乏な絵描きが彼を拾う。
始めは絵描きの優しさに戸惑いを見せる彼だったが、次第に心を開くようになった。
二人は一緒に暮らすようになった。
そして名前を与えられた、聖なる夜「ホーリーナイト」

幸せな日々だった。彼は友情を知る。しかし、長くは続かなかった。
その貧困が故、絵描きは倒れてしまう。
そして最期に絵描きは、遠く離れた恋人への手紙を彼に託す。
彼は絵描きとの友情を貫く為、手紙を届ける旅に出た・・・。

-----------------------------------------------------------

と、まあ前半部分はこんなところ。要約なんで感動が薄れてしまうのが残念。

果たして黒猫は無事手紙を届けられるのだろうか?タイトル「K」の意味は?

続きは自分で確かめて下さい。「週末の大通りを黒猫が歩く」と検索すれば歌詞が出て来ると思うので。


歌詞だけでなく曲全体も聞いてもらえれば感動は倍増。
FLASHでも題材として多く使われているので探してみて下さい。

関連:
バンプオブチキン「ダンデライオン」
バンプオブチキン「アルエ」



a0002244_23494.jpg

[PR]
by bi-ya | 2004-02-23 19:23


<< 「持ち回りテーマリング」参加者...      次回「持ち回りテーマリング」の... >>