2004年 05月 17日
驚くべきガチャピンの生態
a0002244_1711.gif
いつでも夢を忘れないケメ子です。誰が何と言おうとガチャピンの中に人なんかいません。

皆、情報の渦に巻き込まれ過ぎて何が正しいか判断がつかないみたいね。ネットや本の世界が全てじゃないわ。自分の目で確かめてこその真実よ。そこで、もう一回言うわ。はい、ガチャピンの中に人なんかいません。これは揺るぎない定説なんです。


ガチャピンと言えば、「ひらけ!ポンキッキ」から「ポンキッキーズ」などで活躍する緑色の珍獣、まぁぶっちゃけ国民的アイドルです。

という訳で、今日はガチャピンの生態について軽くお話することにします。貴方の知っているガチャピンは本物かしら?ガチャピンの一年間を通じて説明するわね。




春、それはガチャピンにとって繁殖の時期です。

オスガチャピンとメスガチャピンの交尾があちらこちらで見かけることが出来ます。オスガチャピンはメスガチャピンを誘惑するため、様々な形で求愛行動を示します。これは自分の素晴らしさを相手に分からせようとする行為です。主な方法として、ハングライダーや空手を行うのが一般的なのですが、時に富士登山や宇宙遊泳まで行う特殊なケースも見られます。

こうして一対のガチャピン夫婦の誕生となるわけですが、すぐには安心してはいられません。授かった子供は当初緑色をしていません。赤ん坊の文字通り赤色なのです。その色からやはり外的に狙われやすく、特にPの形をした変な奴の集団は子ガチャピンをやたら好む傾向があります。ガチャピン夫婦の最初の難関は如何に子供を守り抜くかなのです。


夏頃になると、餌を求めてお父さんガチャピンは空を飛び回ります。ガルルンパワーでひとっ飛びなのです。

ガチャピンは近年まで肉食と言うのが定説でしたが、最近の研究の結果、何でも食べる雑食の傾向が強いと言うことが分かってきました。好物としては、枝豆や冷奴、柳川鍋、けんちん汁などが挙げられます。夜になると街へ繰り出すガチャピンも珍しくありません。

中には火を扱う珍種のガチャピンも発見され学会を賑わせたことは記憶に新しいですね。非常にセンセーショナルな出来事でした。

この頃になると子ガチャピンは食欲旺盛になり、体色も赤から黄色になります。もう少しで進めです。


秋は別れの季節。離婚するガチャピン夫婦が続出します。主な原因としては、やはり夫の浮気や博打などが挙げられます。最近ではスポーツに熱中しすぎるあまり家庭がおろそかになる、所謂「チャレンジ離婚」なるものも流行しています。

離婚を経たお母さんガチャピンは、自立を求めて職を探します。しかしながら、悲しいことに悪いブローカーなどによって地方へ売りに出されてしまうケースも多々見受けられます。その多くはテレビ局や地方のイベント業者で見世物にされてしまいます。

この頃になると、子ガチャピンは脱皮を経て一般的な緑色のガチャピンへと変貌を遂げます。その様子はとても美しく、マニア達の間ではその写真を収めることがブームになったこともありました。


冬は冬眠の季節。ガチャピン達は家に閉じこもってひたすら寝ます。食っては寝て食っては寝て。こたつに入ってテレビや漫画を見ながら春が来るのを待ちます。ちなみにお母さんガチャピン達の中で今、話題なのは冬のソナタです。こうしてガチャピンの一年が過ぎます。



何度も言うけど、これは真実よ。
[PR]
by bi-ya | 2004-05-17 17:02


<< ケメ子の何でも相談室番外編      ケメ子、セーラー服バトルに参戦 >>