2004年 02月 18日
成人式とアンコール
コンサートの締めくくりと言えば、そうアンコール。

本来ならサービス的なものだが、いつしかアーティスト側もファン側も必ず行うのが暗黙の了解となっている。アーティストの真価が問われるもうひとつの「公演」とも言える。

【日経エンターテイメント「アンコールにまつわる素朴なギモン」参照】


------------------------------------------


オレが成人式の時、あーもういいや、今年成人式に行って来た。


成人式と言えば、新成人の素行が今何かと問題となっているのは既にご存知であろう。残念ながら今年も各地で逮捕者が出てきてしまった。

そこで地方自治体は、何とか式を成功させようと、成人の興味を引こうと色々な対策を練っている。ある所では携帯電話を使った抽選会、ある所ではファッションショーを開いたり。マスコミをにぎわせている。



我が街の成人式も例外ではない。


始めに何と太鼓のオープニングでスタート。成人の度肝を抜いた。

そして市長の挨拶。
「世間は成人式が問題となっているが我が街はそんなの関係ない!」
拍手の音と共に会場の雰囲気は最高潮。

そして新成人の決意表明など新成人の自主性を尊重する企画が続いた。



そして式も一通り終わり、ラストはなんと地元発ロックバンドがコンサートを行うというのだ。



司会「以上で式は終了です。ご苦労様でした。つづきましては〇〇〇〇〇のコンサートです」







誰?





の声と共に一斉に客が帰りだした。慌てる司会者。

「え~~~と・・・彼らは我が街の〇〇出身で2002年より〇〇からメジャーデビュー・・・」

長らく会っていない友達との再会に急ぐ新成人は、そんなの聞いてらんねーよ、と言った感じで続々と会場の外へ。


結果的に残ったのは2000人規模の会場に数十人。






さあバンドの登場だ。







あ然とするメンバー

感動の無い観客。一応拍手。まばら。



「え~~と、僕らこの街から飛び立った〇〇〇〇〇〇って言います」

拍手。まばら。





「・・・え~~、そんじゃあ歌やります・・・」

そう言ってすぐに演奏に移った。あ、楽曲は結構良かった。ちなみにオレはツレ3人と最前列に陣取っている。ツレの一人にそのバンドを知ってる奴がいて折角なんで聞いてみることにしたのだ。

曲中にもか関わらず次々と帰る観客。どんな状況だろう。




3曲終わった時点で再度MCが入った。

「え~、皆さん新成人おめでとうございます。僕も、6年前この場所で成人式を迎えて晴れて大人の仲間入りとなりました。僕が大人をやってて一番君達に伝えたいことがあります。賢い大人にならなくてもいいんです、とにかく自分でかっこいいと思える大人になって下さい!

拍手。まばら。





「・・・え~、じゃあラストの曲になります・・・」

そうして滞り無くラストの曲を終えた。

拍手。やっぱりまばら。



「みんな、ありがとう!」

そうして控え室へと帰るメンバー。同じく家路へ帰る新成人







アンコールって何?
[PR]
by bi-ya | 2004-02-18 14:07


<< 続・持ち回りテーマリング      面白いホームページ >>