2004年 04月 19日
桃太郎の思い出
パソコンが無いと猫になってしまうビヤです、こんにちは。早く人間に戻りたーい。
人間になるにはパソコンが必要。何かおとぎの国の主人公のような気分です。




子供の頃、おとぎ話を改ざんして遊んだことはないですか?



オレがよくネタに使ったのは「桃太郎」。

彼は必ず登場時におばあさんの包丁によって一回死にます。もしくは、おばあさんに流れてくる桃を無視されます。そして自力で這い上がってきます。ハングリー精神。

そして、サル、犬、キジの代わりに、けろけろけろっぴ、ドナルド、ドラえもんがついて来ます。ある意味最強。でも、すぐ裏切られます。

そんなこんなでやっと辿り着いた鬼ヶ島。鬼はドラえもんの道具で一網打尽。
差し出したお姫様はジャイ子ちゃんと言うオチです。


子供の頃は兄弟や友達とよくそんな話をして育ちました。オレの心の中で桃太郎は既に100回以上死んでます。毎回、ネタを変え爆笑しながら桃太郎を殺していきました。



おばあさんの包丁で真っ二つにされる桃太郎。
竹の中から生まれる桃太郎。それをおじいさんに切られる桃太郎
毒団子に苦しむ桃太郎。
船が沈む桃太郎。泳ぐ桃太郎。おぼれる桃太郎
ドナルドに後ろから刺される桃太郎。
宝を持って帰ったら、おじいさんとおばあさんに殺される桃太郎。
芋から生まれる桃太郎


桃太郎、ホントごめん。
[PR]
by bi-ya | 2004-04-19 15:34


<< たまには真面目に∞好きな言葉      猫の寿命 >>