2004年 02月 09日
ガチャピン選手権
そういやガチャピンって何人いるんだろ。
ぶっちゃけ中の人さえ変えていきゃ誰にでもなれるわけだし。


シフト制かな。

月水曜は20代前半のナイスガイ木村誠司(21)。
子供大好き、誠実で真面目な好青年。
様々な気ぐるみを着こなすその業界のホープ。
ムックより背が高いのが難点。

火曜は40代後半のオバちゃん、畑中千賀子(46)。
パートでたまたまこの仕事を知る。
夫、子供達には内緒。プチヒーローの気分。
背中のサロンパスが泣ける。

木土曜は20代後半の巨乳お姉さん、近藤明美(28)。
豊満なバストが気ぐるみの中からこぼれ出す。
ムックの中の人と専らの噂。
キャラ上の付き合いとはまた違った一面を覗かせる。

金日曜は50代前半のオッサン、中村昭二(51)。
この道一筋20年。趣味はパチンコ、競輪。
リストラ寸前だが労働組合を通して頑固に戦い続ける。
子供の夢を守るため彼の姿はTV局の総力を持って隠されている。

臨時に70代後半のおばあちゃん、鈴木トメ(78)。
4人の子供と10人の孫を持つ。髪は紫色。
夫が他界したのをきっかけにこの業界に入る。
高齢なのでスタッフも大変。


モチロン、スポーツチャレンジにはその道のプロを使う。
言わば出張ガチャピン。登録制である。著名人の名前もチラホラ。
そんなこんなで総勢100名近くのガチャピン達が国内に蠢くわけだ。

そして年1回、「ガチャピン選手権」が開かれ、その場で世界最強のガチャピンを決められる。
昨年度優勝はスノーボード担当の漁師岩崎裕一郎(32)。
コメント「もう死んでもいい。」

無事終了した後、恒例「ガチャピンだらけのカラオケ大会」が催され大いに盛りあがる。そして鈴木トメさんの一本締めで閉幕。



ガチャピン達の日々は続いていく。
[PR]
by bi-ya | 2004-02-09 18:15


<< チョコ狩り      【曙VSガチャピン】対戦後イン... >>